緑内障について|知識を身に付けて正しく治療をしよう

目は大事にしましょう

診察

ストレスや生活習慣が影響

飛蚊症は目の前を線状、黒点、半透明の点のような浮遊物が見えたりする症状になります。目を擦っても視線を変えても一緒についてきます。また、明るい場所にいるとはっきりと見えてしまい不快な症状です。現在は飛蚊症の治療法が確立されていないので、原因を見つけて対処する事が大事になります。推測されている原因としては、ストレスなどの生理的な影響の場合と眼病が影響しているものとが考えられます。生理的なものは紫外線が活性酸素を発生させ物質を酸化させて飛蚊症が起きるもので、若い時では免疫細胞が正常なので酸化を防いでくれます。一方の眼病の場合は網膜裂孔や網膜剥離などが原因として症状が起きている可能性があります。特に光っている浮遊物や視界が欠けたりしている場合はすぐに治療の必要があり、そのまま放置すると失明の可能性も出てきます。

活性酸素を抑制する生活

飛蚊症は症状を感じたらすぐに診療する事が良いでしょう。目の病気は加齢によるもの、ストレス、喫煙、紫外線、酷使などがあげられます。そのなかでも紫外線やストレスは目の活性酸素を作り、毛細血管などを詰まらせたり、もろくしたりします。また、生理的要因ならば活性酸素の抑制をすることで飛蚊症の予防に効果があります。バランスの良い食事を心がけ抗酸化作用のある食品を摂取してみましょう。特にビタミンC、ルテイン、ポリフェノール、ベータカロテンなどを含むものは活性酸素の除去や修復を助けてくれます。また、眼病の原因のほとんどが血管の詰まりだと言われます。目に良いと言われる食品を摂取したりや目の体操をするなどで、これらを予防することができるでしょう。