緑内障について|知識を身に付けて正しく治療をしよう

健康な眼を保つために

ドクター

目の前に糸くずのような黒いものが見えていませんか。そのようなものが目に映る場合は飛蚊症のおそれがあります。飛蚊症は大きく分けて2通りの原因が考えられます。一つ目は眼の中にある硝子体が加齢により萎縮した場合です。硝子体が萎縮すると、その部分の影が網膜に映り糸くずのようなものとして目に見えてしまうのです。二つ目の原因は、網膜剥離です。網膜剥離は字の如く、網膜が剥がれてしまうことから飛蚊症が起こります。一つ目の硝子体が萎縮して影ができてしまうのは生理現象の一つですのであまり気にすることはありませんが網膜剥離であれば早期に治療する必要があります。普段の生活の中で飛蚊症が気になったりするのであれば念のため眼科に行きましょう。

網膜剥離が起こる原因に挙げられるのが、加齢によるものと病気や事故により頭部や眼に強い衝撃によるものです。網膜剥離が起こる段階として、網膜が裂けることから始まります。これを網膜裂孔というのですが、この裂けた部分に硝子体が入り込んでくるのです。これが最終的に網膜剥離を引き起こすことになるのです。治療には、網膜裂孔か網膜剥離の状態かにより異なってきます。網膜裂孔であれば、光凝固法というレーザーを照射して治療することとなり、比較的短期な治療で済むことが多いです。網膜剥離の治療は、剥がれた網膜を元に戻す必要がありますので手術することになります。網膜剥離による視力の低下は早期に発見できるかどうかにかかっていますので異変に気付いた段階ですぐに診察してもらいましょう。