緑内障について|知識を身に付けて正しく治療をしよう

目は大事にしましょう

診察

飛蚊症は生理的な物と眼病の原因のものがあり、症状を感じたら受診をしましょう。加齢は免疫機能も弱くなり、修復も遅くなります。日頃から食生活やストレスなどに気を付ける事が重要です。目の病気は生活を不自由にさせますので予防できる事は積極的にしましょう。

詳しくはコチラ

目を守る方法

4人の医者

緑内障とは視神経に障害が起こり、視野欠損などの症状が起きる病気の事を言います。病気を予防するためには定期健診を受けることが大切です。治療法は3つありますが、しっかりと症状を抑えるためには自分で治療カレンダーなどを作り管理して病気に向きあうことが重要です

詳しくはコチラ

健康な眼を保つために

ドクター

飛蚊症が起こる原因には2つのことが考えられます。1つ目は硝子体の萎縮によるものですが、病気ではありませんので治療の必要性はありません。2つ目は網膜剥離によるものです。網膜剥離の場合には早期に治療し、視力の低下を防がなければなりません。飛蚊症が気になる方は一度診察を受けてみてはいかがでしょうか。

詳しくはコチラ

知っておくべき目の病気

眼

視界がモヤモヤしてぼやける、視野が狭くなった、と感じた場合、それは緑内障と呼ばれる目の病気かもしれません。緑内障は、目の眼圧に関係しています、目の中には房水と呼ばれる水が溜まっており、この水の量で目の眼圧は決まります。しかし、房水の出口が何らかの理由で詰まってしまうと、眼圧が上昇し、目に異常をもたらしてしまいます。症状の特徴は、上記のように視野が狭くなる、ということです。眼圧はじわじわと上昇するため、同じように症状もゆっくりと進行していき、初めは視界が少しぼやける程度だったものが、徐々に視野が狭くなっていってしまいます。眼圧が上昇してしまう原因は様々ですが、主に加齢や生まれつきによるものであるとも言われています。

緑内障の大きな特徴として、一度失ってしまった視野は取り戻すことが出来ない、ということがあげられます。症状は突然襲ってくるものではないので、症状の初期には放置してしまう場合が多くありますが、放置してしまうとどんどん視野は狭くなり、最悪の場合は失明してしまう可能性もあるため、早期発見につとめることがとても重要となります。一度欠けた視野は戻すことが出来ないため、治療は緑内障の症状を悪化させないよう食い止めるというものになります。また、一度の治療で終わるのではなく、長期間時間をかけた治療が必要となるため、少しでも視界に異常を感じた場合はすぐに眼科へ行き検査を受け、早目の治療を開始するよう心がけることが大切です。